富裕層の資産運用に関しては、必要以上の納税によるキャッシュアウトをさせない資金計画が必要です。

  • 税金のお悩み
    • お尋ね
    • 確定申告
    • 海外資産の申告
    • 海外口座の利子所得
    • 不動産売買・投資
    • 海外金融商品
    • 海外関連の贈与
    • 海外関連の相続
    • 国際税務とタックス・プランニング
    • 海外移住
  • 国ごとの税制
  • 料金
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ
  • ご相談の流れ
  • お客様の声
  • 海外資産の税金Q&A
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
なるほど!国際税務 税金に関するあのニュースを税理士が解説! itax NEWS
海外送金マンガ クリックするとPDFファイルが開きます
海外移住.com

国際税務とタックス・プランニング

日本の居住者であれば、海外口座で得た利子所得は、現地の源泉税とは別に日本でも納税の義務があります。その計算法穂を事例でご説明します。

タックス・プランニングとは

将来の租税負担を想定し、税制の仕組みを考慮した上で、税引後の所得を最大化するための合法的な租税計画をタックス・プランニングと言います。個人の所得に対する課税には所得区分毎に軽減税率や特例が存在しており、所得の種類や内容、ライフプランなどを考慮した上でタックス・プランニングを検討し、実行する必要があります。

また、税制や個人のライフプランは毎年変化していきますので、継続的にプランを見直していくことも重要となります。また最近は、海外移住のハードルや資産の移動コストが下がって来ているため、海外の税制を活用したタックス・プランニングを行う資産家が増えています。

タックス・プランニングの重要性

タックス・プランニングの主な目的として、資産防衛、すなわち必要以上の租税負担を負うこと無く、現状の財産を目減りさせることなく維持させることが挙げられます。
しかし、全世界的な富裕層課税強化の流れの中で、タックス・プランニングの実行に伴うリスクをゼロにすることはできないことを理解して置く必要があります。

大きなリスク要因としては、大きく2つあり、一つ目は「課税リスク」と呼ばれるもので、税務署からの税務調査を受けた結果、ペナルティとして追徴課税を支払うことになるリスクのことです。税務署は課税漏れがあるという前提で税務調査を行いますので、周到に準備をした上で、適正に納税をしているという「明確な証拠」を残しておくことが必要です。

二つ目は「税務調査リスク」で、税務署からの問合せの対応や説明責任に対するリスクです。普段から税務調査に慣れていない個人の方にとっては、税務署からの問合せへの対応は大きな精神的負担を伴うことになりますので、多くの資産家は専門家を代理人に立て対応しています。

国際税務を活用したタックス・プランニング

資産額数億円以上、または年間所得がおおむね5,000万円を超える資産家の多くは、日本の「非居住者」になる、資産を海外に移すなどの方法で国際税務を活用したタックス・プランニングを行なっています。

これから、日本でも富裕層課税の強化が加速していくと思われますので、個人の資産家にとっては、毎年の所得税や住民税、オーナーである法人の法人税だけでなく、相続税や贈与税を見据えたプランニングが必要になってきます。特に還暦を過ぎた富裕層にとっては、残された親族のための「争続」を避けるため、早期の相続対策は必須と言えるでしょう。

関連するページ

お問合せ料金事務所紹介

Copyright © 2015 海外送金.com All Rights Reserved.