国税庁からの、海外送金による「国外送金等に関するお尋ね」の概要と目的

  • 税金のお悩み
    • お尋ね
    • お尋ねとは何か?
    • お尋ねの対応方法
    • お尋ねの回答書の書き方
    • お尋ね対応サポート
    • 確定申告
    • 海外資産の申告
    • 海外口座の利子所得
    • 不動産売買・投資
    • 海外金融商品
    • 海外関連の贈与
    • 海外関連の相続
    • 国際税務とタックス・プランニング
    • 海外移住
  • 国ごとの税制
  • 料金
  • 事務所紹介
  • お問い合わせ
  • ご相談の流れ
  • お客様の声
  • 海外資産の税金Q&A
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
なるほど!国際税務 税金に関するあのニュースを税理士が解説! itax NEWS
海外送金マンガ クリックするとPDFファイルが開きます
海外移住.com

お尋ね

税務署から突然郵送されてくる「お尋ね」。お尋ねとは何か、回答書の書き方、税務署への対応方法などについてご説明しています。

  • お尋ねとは何か?
  • お尋ねの対応方法
  • お尋ねの回答書の書き方
  • お尋ね対応サポート

お尋ねとは何か?

海外送金・国外送金に関する「お尋ね」とは?

このページをご覧の方は、既に「お尋ね」が届いたか、届く可能性が高い方だと思います。そこで、「お尋ねとは一体何物で、何のためにあるのか?」が気になるところかと思いますので、「国外送金等に関するお尋ね」の内容について、 以下でご説明したいと思います。

海外送金の「お尋ね」は何のためにあるのか?

「海外送金等に関するお尋ね」とは、法的拘束力のない税務署に対する協力のお願いで、 申告漏れを把握するための質問状のことです。 税務署から送られてくる「お尋ね」は、法律上の根拠がないものであり、回答はあくまで「任意」での協力に過ぎません。

税務署はどうやって把握しているのか?

銀行などの金融機関には、100万円以上の国外送金等があった場合に税務署に報告する義務があります。 これは、あなたが国外への送金や国外からの送金の受領の時に金融機関から税務署に国外送金等調書が送られることで、税務署が認識するという仕組みになっています。

実際のお尋ねの様式はどんなもの?

「国外送金等に関するお尋ね」は、以下のフォーマットで送られてきます。回答書のフォーマットと書き方についてはこちらでご説明しておりますので、参考にしてください。

※お尋ねのフォーマット例

【国外送金等に関するお尋ね】

税務行政につきましては、日ごろからご協力をいただきありがとうございます。 税務署では、適正な申告と公平な課税の実現を図るため、様々な経済取引についてお尋ねをさせていただいております。

つきましては、あなたが行った下記の取引について、同封の回答用紙に該当事項をご記入の上、 ご回答くださいますようご理解とご協力をお願い申し上げます。 なお、お手元にある書類によりお尋ねの内容が確認できる場合には、その写しにより回答に代えていただいても結構です。

※「国外送金等に係る調書提出制度」により、金融機関等には国外送金等調書の税務署への提出が義務付けられています。 この国外送金等調書は、あなたが行った国外への送金や国外からの送金の受領の際に提出した国外送金等告知書の内容に基づいて作成され、 税務署に提出されています。

【お尋ねしたい国外送金等の内容】

   送金・受領年月日 送金・受領金額 送金・受領の相手国 国内金融機関
1 送金・受領       年   月   日     (        )  円        銀行    支店
2 送金・受領       年   月   日     (        )  円        銀行    支店

注)1 記載方法などについてお分かりにならないことがありましたら、担当者までお問い合わせください。
    2 回答書は、なるべく平成 年 月 日 までにご郵送ください。

担当者 個人課税第 部門 TEL 00-000-0000
○○ ○○ 内線 000

※電話は自動音声により案内していますので、当該文書に関するご質問は「○」を選択してください。

上記がお尋ねの簡単な見本になります。

回答書の書き方については「海外送金のお尋ねの回答書の書き方」を御覧ください。

次ページヘ>> お尋ねの対応方法

関連するページ

確定申告申告漏れのペナルティ

Copyright © 2015 海外送金.com All Rights Reserved.