海外資産・国際税務ニュースを国際税理士が解説|itax NEWS

マイナンバー時代の資産税務と資産アドバイザーの針路

2015/06/16(火)に株式会社不動産経済研究所様主催セミナーにて、公認会計士・税理士の高鳥拓也が、「マイナンバー時代の資産税務と資産アドバイザーの針路~租税回避包囲網の動き、合法的タックスプランニングからみた最適解投資~」のテーマで講演いたします。 詳細・お申し込みは、不動産経済研究所様……
続きを読む

海外不動産の申告漏れへの対応をズバリ解説!

海外不動産を所有し賃貸収入や譲渡益があるにもかかわらず、日本で申告していない方が少なくありません。その理由を3つに分類して、それぞれの対応策を解説いたします。 ケース1 現地で申告しているので、日本で申告する必要はないと思っていた。 このケースが意外に多く、故意に海外所得の申告をしていなかった……
続きを読む

出国税の相続税計算への影響をズバリ解説!

本年(2015年)7月1日以降、出国税課税の対象となる方がお亡くなりになって、非居住者の相続人に有価証券等が移転する場合は、出国のときと同様に出国税課税を受けることなります。 >>出国税課税の対象者はこちらをご覧ください。 この場合、非居住者の相続人が4か月以内に準確定申告を……
続きを読む

出国税の納税猶予手続の注意点をズバリ解説!

今年(2015年)7月1日以後から、いわゆる「出国税」が導入されます。出国税は有価証券等の未実現の含み益に対して課税するものですので、納税者の手許に十分な納税資金がないことが想定され、また、一時的な出国で出国期間中に有価証券等の売却などを行うことなく帰国する予定の方は出国税課税の取り消しが可能である……
続きを読む

非居住者への有価証券等の贈与(出国税)をズバリ解説!

本年(2015年)7月1日から、一定の富裕層を対象に、出国時に未実現のキャピタルゲイン(含み益)に対して課税を行う、いわゆる「出国税」が導入されます。 >>出国税制度の概要については、こちらをご覧ください。 ここで注意が必要となるのは、出国税課税の対象となる行為には、2015……
続きを読む

海外財産トラブル 5,000万円超の外国株 報告必要?

公認会計士・税理士の高鳥拓也が、日本経済新聞朝刊(2015年1月14日)の「海外財産トラブル 5,000万円超の外国株 報告必要?」にコメントを寄稿いたしました。 今年から国外財産調書の未提出や虚偽記載について罰則が適用されることになります。5,000万円超の海外財産をお持ちで、海外財産からの……
続きを読む

来日外国人の非永住者課税をズバリ解説!

相談者:Aさん(米国籍) 米国に本社がある企業に勤務しています。2009年9月に日本法人出向のため来日し、現在まで日本国内に居住しています。日本法人からの給与は源泉徴収のうえ年末調整により課税は完了していますが、次の①~③について平成26年分(2014年)確定申告が必要かどうか教えてください。 ……
続きを読む

非居住者の株式譲渡・ストックオプション課税をズバリ解説!

相談者:Aさん 現在、米国子会社に出向しております。米国赴任中に日本国内の株式を譲渡したいのですが、どのような場合に日本で課税になるのですか? 企業にお勤めの方が1年以上の予定で海外子会社などに転勤すると日本国内に住所がなくなりますので、一般的には「非居住者」となります。「非居住者」の場合、日本……
続きを読む

ご存知ですか?海外送金は税務署に把握されています!

海外にお住まいの日本人の方から、海外には日本の税務に精通した専門家が少なく相談できる人がいないということで本サイトを通じて税務相談を承る機会が増えております。相談者の皆様の多くは、日本から海外への送金、また、海外から日本への送金の際の税金問題について高い関心をお持ちです。 そこで今回は海外にお……
続きを読む

納税管理人を頼まれた場合の注意点は?

平成27年度税制改正により出国税が導入されることになりました。出国税の納税の猶予を受けるための要件の1つとして、納税管理人を選任することが求められており、今後、納税管理人を頼まれる機会が増えることが予想されます。そこで今回は納税管理人の役割を整理したうえで、頼まれた場合の注意点を解説いたします。 ……
続きを読む

出国税(Exit Tax)導入の影響をズバリ解説!

平成27年度税制改正により、2015年7月1日以後の出国や贈与などに対して出国税(みなし譲渡益課税)が導入されることになりました。出国税の概要を整理したうえで、出国税の導入によりどのような影響があるかを解説いたします。 1. 出国税の概要 (1) 対象者 「有価証券」や「FX・先物等の……
続きを読む

オフショア法人の国外財産調書対応をズバリ解説!

相談者:Aさん 英領ヴァージン諸島(BVI)に100%出資で法人を設立し、ノミニー制度を利用して法人名義でシンガポールの金融資産を運用しています。 昨年(平成26年)10月にBVIと日本との租税情報交換協定が発効し、また、今年から国外財産調書の未提出・虚偽記載について刑事罰が導入されることに……
続きを読む

出国に伴う税金問題をズバリ解説!

相談者:Aさん 来年(2015年)3月上旬に日本を出国してオーストラリアに移住する予定です。日本で賃貸不動産を保有していましたが、今年(2014年)8月に売却し、12月に売却資金1億円のうち7,000万円でオーストラリアの居住用マンションを購入しました。残り3,000万円は9月にオーストラリアの銀……
続きを読む

ストック・オプションの国外財産調書対応をズバリ解説!

相談者:Aさん 米国に親会社がある日本法人に勤務しており、米国親会社から複数のストック・オプションを付与されています。国外財産調書でどのように評価して報告すればよいか教えてください。 平成26年12月31日時点のストック・オプションの内訳は次のとおりです。 回答 ストック・オプシ……
続きを読む

非居住者のストック・オプションの税金問題をズバリ解説!

相談者:Aさん 日本企業に勤務しており、現在米国支店に赴任しています。国内勤務時に付与された税制適格ストック・オプションを、米国赴任中(日本非居住者)に権利行使可能となったため行使しました。行使により取得した株式を譲渡して600万円の譲渡益が出ましたが、日本で確定申告は必要ですか?なお、付与日などの……
続きを読む

RSU・ESPPの税務調査対応をズバリ解説!

RSUやESPPに関する税務調査対応のご相談が増えております。これは平成24年以降、外資系企業に、役員や従業員に付与したRSUやESPPなどのインセンティブ(経済的利益)の内容を税務署に報告することを義務づけたことが背景にあるものと考えます。税務署員としては企業からの報告と納税者の申告内容が相違して……
続きを読む

非居住者の贈与税対策をズバリ解説!

事例:Aさん 米国籍の夫と結婚して10年以上米国に住んでいます。私は日本国籍で米国永住権(グリーンカード)を取得しています。私の両親(日本国籍)の老後のことも考えて、昨年、両親を米国に呼びました。今後も米国で生活し、日本に戻る予定はありません。 この度、米国でマイホームを購入するにあたり、両親……
続きを読む

海外相続財産の税務調査実績をズバリ解説!  

相続税申告漏れ、海外関連が最多に 13事務年度 今年6月までの1年間(2013事務年度)に実施した相続税に関する税務調査で、海外関連の申告漏れが124件(前年度比9.7%増)で、統計を始めた01事務年度以降、最多となったことが18日、国税庁のまとめで分かった。海外関連の調査件数は753件、申告……
続きを読む
PAGE TOP